マイナス金利でも磐石な銀行ランキング!2位三井住友、1位はあの地銀

マイナス金利でも磐石な銀行ランキング!2位三井住友、1位はあの地銀
©ダイヤモンド社 2018 禁無断転載 

銀行は人々から集めた預金を企業などに貸し出し、預金と融資の金利差である利ざやでもうけることをなりわいとしている。しかし、日本銀行によるマイナス金利政策が続き、金融緩和によって以前から続く低金利環境の底が抜けている。企業の設備投資といったニーズは乏しく、利ざやの減少が止まらない。では、その影響を最も受けている銀行はどこなのか。あるいは、厳しい環境下でも磐石な銀行はどこなのか。週刊ダイヤモンド2017年7月22日号「金融庁vs銀行」で掲載したランキングを再掲載する。同ランキングの最新版は、2018年7月28日号の最新号で掲載。乞うご期待!

 「一体、いつになったら終わるのか」──。複数の銀行幹部が異口同音に終わりを期待するものがある。日本銀行によるマイナス金利政策だ。

 銀行は、顧客であるあなたの預金を企業に貸し出して、預金と融資の金利差である利ざやでもうけることをなりわいとしている。

 現在、預金は過去最高の1000兆円を突破する一方、企業の設備投資といった資金ニーズは乏しく、預金は行き場を失っている。

 そこにマイナス金利政策が追い打ちをかけ、日銀の金融緩和によって以前から続く低金利環境の底が抜けた。利ざやの減少は止まらず、銀行の収益は右肩下がりだ。

 すぐに経営破綻する状況ではないにせよ、銀行はあの手この手で収益の穴埋めを画策。中には、私たち顧客の財布の中身を犠牲にするような金融商品の販売姿勢も散見される。

...続きを読む

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2018年7月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。