銀行の「旧型エリート」が没落する5つの新旧交代場面

銀行の「旧型エリート」が没落する5つの新旧交代場面
Photo by Akiko Onodera

『週刊ダイヤモンド』7月28日号の第1特集は、「さらば旧型金融エリート」です。エリートの代名詞だった銀行員の社会的地位の凋落が止まりません。国内の人口減少に超低金利時代の長期化、さらには異業種からの“領空侵犯”――。業界が直面している“産業革命”によって、保守的な業界の代表である銀行もついに時流にあらがえなくなり、高学歴・高年収の金融エリートたちは荒波に翻弄されています。ただ、時代に取り残される「旧型金融エリート」が仕事を奪われかねない危機に陥る一方で、新時代の寵児である「新型金融エリート」が台頭してきている側面もあります。今回の特集では、そんな残酷なコントラストを描く新旧交代の実態に迫りました。

遅ればせながら銀行が変わります
新旧交代の波に乗り遅れるのは誰か?

 大リストラ時代──。昨年11月、3メガバンクグループが合計で3.2万人分の業務量を削減することを打ち出すと、銀行業界の苦境がいよいよ世間全体に知れ渡った。

 国内の人口減少という構造問題に、日本銀行の異次元金融緩和政策による超低金利環境の長期化が重なり、銀行業界は構造不況に陥っている。その上、金融とITを掛け合わせたフィンテックの分野を足掛かりに、異業種の企業が銀行に対して次々に“領空侵犯”を仕掛けてきており、今のコスト構造では生き残れるかどうか分からない。そんな状況が背景にある。

 そこで銀行は、業務量削減のために人工知能(AI)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれるソフトウエアロボットの導入を進めている。すると、「銀行員vsAI・ロボット」という対立軸が注目を浴びる。金融エリートである銀行員が機械に仕事を奪われるという構図は刺激的で、耳目を集めた。

...続きを読む

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2018年7月23日の経済記事
「銀行の「旧型エリート」が没落する5つの新旧交代場面」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    銀行員って人に働かせることばかり考えてるから手に職がないんだよね

    7
  • 匿名さん 通報

    銀行システムがオワコン

    7
  • 匿名さん 通報

    ぼったくりの殿様商売も日銀に金利下げられたら途端にジリ貧ですな(笑

    6
  • 匿名さん 通報

    銀行員は10年後、大半がロボット化。

    6
  • 匿名さん 通報

    さっさとAI導入したほうが良いね。使い込みも断絶するだろうし。

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。