日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機

日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機
Photo:PIXTA

『週刊ダイヤモンド』12月8日号の第1特集は「日本人はもうノーベル賞を獲れない──科学技術立国の危機」です。21世紀に入ってからというもの、米国に次ぐ世界2位のノーベル賞受賞者を輩出している日本ですが、実は科学技術立国の足元は驚くほど揺らいでいます。その実態を知る関係者ほど「このままではもうノーベル賞など期待できない」と嘆きます。その理由を追いました。

 12月10日、スウェーデンのストックホルムでノーベル賞授賞式が行われる。今年は本庶佑・京都大学高等研究院特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞する。

 その本庶氏は、若手研究者支援のための基金を設立し、賞金の約5700万円(共同受賞者と分割した額)を全額寄付することを表明している。

 もっとも、基金自体の規模は数千万円にとどまるものではない。本庶氏の構想では「数百億~1000億円規模」とのこと。この金額が意味するものは、本庶氏の持つ「日本の基礎研究分野に対する危機感」にほかならない。

 というのも、本庶氏はかつて本誌のインタビューで、日本の基礎研究の状況について「かなり瀬戸際だと思います。私たちの世代、次の世代までは何とかやってこられました。今の40代以下は大変つらい思いをしています」と答えている。未来への種まきが不可欠というわけだ。

 近年、日本人のノーベル賞受賞が続いている。だが、それは1980~90年代までの研究環境による成果であって、その後の日本の科学技術政策を鑑みると、これから先はとても期待が持てない──。そう訴える研究者は多い。

...続きを読む

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2018年12月3日の経済記事
「日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機」の みんなの反応 69
  • 匿名さん 通報

    能無し官僚のせいです。

    9
  • 匿名さん 通報

    これを売国と言わずして何と言うのでしょう。 水道法改正案、参院厚労委で可決 今国会成立へ(産経新聞)

    7
  • 匿名さん 通報

    堰を切ったようにロクでもない法案が次々と通過していく様子を見て、 国ってこんな風に滅んでいくんだなとしみじみ感じているところであります。

    6
  • 匿名さん 通報

    技術大国日本?素晴らしい国日本?全ては幻想。今、必要なのは国会をねじれ国会に戻して政策の精査ができる国に戻す事だ!

    4
  • 匿名さん 通報

    大企業の保身を優遇したり、営業マンが社長になったりと、研究開発者が本気になれる土壌がない。確かに科学技術立国の危機である。今更だが。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。