テンプがピープルを電撃買収“業界の祖”が乗り出す「再編第二幕」

 4月中旬、人材派遣大手のテンプスタッフと中堅のピープルスタッフは、共同持ち株会社「テンプホールディングス」を10月に設立して経営統合すると発表した。売上高2289億円(2007年3月期)で業界3位のテンプが同301億円のピープルと組めば、僅差でパソナグループを抜いて業界2位に浮上する。

 業界では昨年12月、業界5位のリクルートが最大手のスタッフサービスを約1700億円で買収して、売上高5000億円超の圧倒的首位にのし上がり、大再編の口火を切った。

 トヨタグループなどを顧客に持つピープルは、多くの同業他社が次の目玉の1つとして買収を狙っていた。それを、再編に慎重だったはずのテンプが「以前から交流があり、ごく自然な流れで」(篠原欣子社長)とあっさり奪ったのだ。

「地盤である東海地区以外のエリアにクライアントが進出したとき、今のネットワークでは現地で人材を確保し切れず、彼らの進出先で満足に受注できない」とピープルの日比野三吉彦社長は語る。そのため、事業拡大を目指すうえで自らの企業規模に限界を感じ、誘いを受けた外資大手との統合を検討してきた。

 しかし、外資のドライな体質を警戒する女性経営陣が反対。相手先を決断できずにいたタイミングに、業界の祖であるテンプから声がかかると、女性役員たちがうなずいた。

「うちも女性が強いんでね」。苦笑いを浮かべる日比野社長だが、自身も創業した4半世紀前に篠原社長を訪れ、「フランチャイズ展開させてほしい」と頼んだ経緯がある。当時のテンプは創成期だったため、「まだノウハウを提供できるレベルではない」と断られたものの、両社は交流を続けてきた。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。