増殖し続けるシュガー社員が会社を溶かす!

 シュガー社員とは砂糖のように自分に甘く、自立心に乏しい社員を指す。ブログなど、インターネット上でも「シュガー社員」という言葉が定着している。果たして、その「シュガー社員」の実態とは?

 あるOA機器販売店の話。社員Aさんが突如退職をすることになったのは上司に叱られたことがきっかけだ。ヘソを曲げてから1日も会社に出て来ない。しかも、退職する当日、会社に現れたのは母親だ。手渡された菓子袋には、手土産ではなくAさんの制服が入っていた。

この「シュガー社員」の名付け親は、「田北社会保険労務士事務所」所長の田北百樹子氏だ。

 社会保険労務士である田北氏は、中小企業経営者や人事担当者などに対するコンサルティング業務も行っている。企業からの「困った」という声を元に、昨年10月に発刊されたのが『シュガー社員が会社を溶かす』(ブックマン社刊)。

 シュガー社員の事例だけでなく、面接時の見分け方から上司や経営者の対処方法まで、法的に認められない事項などの注意点も含めて解説している。先の事例も田北氏に寄せられた相談のひとつだ。

 田北氏はシュガー社員を5つのパターンに分類し解説しているが、なかでも印象的なのが「ヘリ親依存型シュガー社員」。ヘリ親というのはヘリコプター・ペアレンツといって過保護な親を意味する。ヘリコプターのように子供の上空でボバリングし、子供に不都合が発生するとすぐさま垂直降下することからこの名前がついたのだ。
編集部おすすめ
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク