成長市場なのに儲からない!帝人が喘ぐ「PC樹脂消耗戦」

 帝人の2008年3月期の営業利益は652億円で、13.2%の減益となった。なかでも同社が日本ではトップシェアを誇るポリカーボネート(PC)樹脂の不調が大きい。樹脂事業で40%近い減益である。今期も営業減益(530億円)が避けられない模様だ。

 PC樹脂は透明で耐熱性の高い樹脂で、DVDなどの光学ディスクのほか、ニンテンドーDSのタッチパネルや自動車のヘッドランプなどに使われている。「PC樹脂はガラスの代替として、自動車の軽量化に不可欠の存在。市場は2ケタ成長を続けている」(高野直人・帝人専務)。にもかかわらず、収益は大きく悪化した。

 というのも、この分野では世界トップの独バイエルが価格据え置き方針を打ち出しているからだ。実際、第1四半期のバイエルの化成品事業の利益はEBIT(引き前営業利益)ベースでゼロだった。利益よりもシェアを優先している経営姿勢がうかがえる。

 バイエルは生産量は公表していないが、「帝人の2〜3倍」と目される。その最大手が仕掛ける消耗戦のあおりを食って、「光学向け用途を中心に、原料高の価格転嫁が進まなかった」(高野専務)格好だ。09年に予定していた中国での設備投資も延期する方針だ。

 だが、10年以降、さらに厳しい状況が待ち受けている。07年に米GEプラスチックを買収して一気にバイエルに次ぐ2位に躍り出たサウジアラビア基礎産業公社(SABIC)や、三菱グループと組んだ中国の中国石油化工(SINOPEC)がPC樹脂の新製造

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年5月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。