CCC、突然の経営者招聘に戸惑う社内と創業者の思惑

 音楽・映像ソフトレンタル最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、創業者で代表取締役社長の増田宗昭氏に次ぐナンバーツーの取締役兼COO(最高執行責任者)として、外部からキャドセンター社長の柴田励司氏を招聘。6月20日に就任する。

 2006年3月に純粋持ち株会社に移行したCCCには、これまで増田氏を含め7人の社内取締役がいたが、増田氏と財務担当責任者だけを残して、他の5人は退任。柴田氏はわずか3人となる社内取締役の1人として、グループ全体に大きな影響力を持つこととなる。柴田氏は38歳で米系コンサルティング会社の日本法人(現マーサージャパン)社長に就任。07年3月に退任した後は、経営危機に陥っていた建築関係のコンピュータグラフィックス制作大手キャドセンターに移り、わずか1年で同社を再建させた実績を持つ。

 今回の役員人事は、創業オーナーが外資系出身のすご腕経営者を右腕として招いたという構図だが、CCC社内からは「なぜ業績好調の今、わざわざ外部からCOOを入れなければならないのか」と柴田氏招聘をいぶかる声も上がる。

 その疑問への答えは、経営幹部の構成にあるのだろう。同社新卒入社の生え抜き幹部はまだ30代。57歳の増田氏とは親子ほどの年齢差がある。46歳の柴田氏は彼らにとってちょうど兄貴分で、絶対的な発言権を持つ増田氏と現場をうまくつなぐことが、柴田氏に期待される役回りのようだ。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年5月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。