米ビッグスリーを喜ばせたトヨタの失敗

トヨタでも失敗することがあるのか」――。そう口裏を合わせたかの如く溜飲を下げるのは、米ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターの幹部である。

 トヨタ自動車に苦汁をなめさせられてきた米ビッグスリー陣営からすれば、確かにこれほど鬱憤晴らしに格好の出来事はないのかもしれない。「トヨタがビッグスリーの得意分野に斬りこんで、ものの見事にコケた」(米GM幹部)からである。

 デトロイトで冷評されるそのクルマは、「タンドラ」。フルサイズピックアップトラックと呼ばれるビッグスリーの牙城を攻略すべく、トヨタが2007年2月に発売した新型車だ。2006年11月に新設のテキサス工場で開かれた、量産開始の式典には、豊田章一郎名誉会長や渡辺捷昭社長らも駆けつけるほどの入れ込みようだった。

 旧タンドラはビッグスリーのフルサイズピックアップに比べ、大きさや馬力で劣り、泣かず飛ばずに終わった。そこで、新型車は、日本でいえば、商用の小型トラック並みにボディを大型化したほか、排気量5700ccのV型8気筒エンジン搭載モデルまでも揃え、真っ向勝負に打って出た。
 
 ところがふたを開けてみれば、販売は低迷。今年5月には3割も落ち込んだ。悲しいかな、6月にはついに大幅な追加減産の経営判断にまで追い込まれたのである。

 誤算の理由は明白だ。発売後に加速したガソリン高や米国景気の減速もさることながら、ビッグスリーの反撃の意志を甘く見たためだ。経営難にあえぎながらも米国勢は販売奨励金を大幅に積み増し、骨身を削る覚悟で、虎の子のフルサイズピックアップ市場の防衛に回った。対抗上、トヨタも新型車への異例の販売奨励金積み増しを受け入れざるをえず、市場が伸びない中で、「収益的にも共倒れを余儀なくされた」(米国トヨタ幹部)のである。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年6月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。