三菱UFJとの利用契約解除で再燃する、東京スター“ただ乗り”問題

 今夏、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と東京スター銀行のあいだで火花が散ることになりそうだ。

 MUFGは東京スターに対して8月下旬にも、ATMの相互利用契約の解除通告を行なう模様。契約解除となれば、MUFGのキャッシュカード保有者が東京スターのATMを利用できなくなる。

 東京スターは2006年7月にサークルKサンクスと提携し、他行のキャッシュカード保有者でも預金の引き出し手数料が無料(平日昼間と土曜の一部)という「ゼロバンク」サービスを展開。東京スターの自社ATMは約2600台に上っている。

 だが、業界内では「“他人のふんどし”で儲ける行為」と、東京スターを批判する声が上がる。これはどういうことか。

 通常、A行のキャッシュカード保有者が平日昼間にB行のATMで預金を引き出す場合、顧客は105円の手数料を取られる。このとき、A行もB行に対して、105円の銀行間手数料を支払うため、B行からすれば、合計210円のATM手数料収入が得られる。

 ところが東京スターは、引き出し手数料を無料にして他行の顧客による利用を増やすことで、銀行間手数料を増やした。つまり他社の顧客という“ふんどし”で儲けているというわけだ。

 じつは2年前にもMUFGは東京スターに対して解除通告を行なっている。だが、当時はMUFGの自社ATMが少なく、また、顧客への利益還元を求める声が強かったため、契約解除には至らなかった。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年7月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。