労働時間、休業制度など4分野で採点 「父親が子育てしやすい会社」1位はどこか

 男性ファッション誌などでパパ特集が組まれるなど、「父親であることを楽しむ生き方」が「カッコイイ生き方」として認知されつつある。

 深刻な少子化を背景に、父親の育児参加の必要性が指摘されているのは周知の通りだが、当時者である30代、40代「子育て世代」の男性の価値観にも変化が生まれてきていると言えるだろう。

 こうなると、企業社会に生きるビジネスパーソンにとって気になるのは、企業側の理解やサポート。

 はたして、企業の「父親支援」はどこまで進んでいるのだろうか?

 父親支援事業を展開するNPO法人Fathering Japan(代表・安藤哲也)では、第一生命経済研究所と共同で「父親が子育てしやすい会社アンケート」を実施している。

 今年で第2回となる同アンケート(※)では、(1)労働時間 (2)休業制度 (3)出産・子育てサポート (4)啓発・研修 の4分野40項目にわたるアンケートを従業員301人以上の全上場企業に送付、67社から得られた回答をもとにポイント制により「父親が子育てしやすい会社ランキング」を決定した。

 その結果は以下の通り。

・総合部門/1位・日立製作所 2位・松下電器産業 3位・NTTデータ

・中堅・中小部門(正社員数1000人未満の企業)/1位・ニフティ 2位・マブチモーター 3位・ユー・エス・ジェイ

 総合部門1位の日立製作所は、第1回調査に引き続きV2を達成。配偶者出産休暇の男性取得者数を前年度比150%(160人)に伸ばすなど、フロントランナーとしての歩みを確かなものにしつつあるようだ。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2008年7月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら