PSPと提携したWiFi共有サービス「FON」の可能性

PSPと提携したWiFi共有サービス「FON」の可能性
 ユーザー同士の無線LAN回線を共有することで、無料のWiFiネットワークを提供する「FON」。



 2005年にスペインで始まった同サービスは、08年8月現在、すでに150ヵ国以上で展開、100万ユーザーを獲得している。翌06年には日本にも進出。現在のユーザー数は86000人余り、アクセスポイント(AP)数は約45000ヵ所で、これは世界で4番めに多い会員数となっている。

 自宅にネット環境が整っていれば、「FON」を利用するのは簡単。まず、公式サイトで登録して「Fonero(フォネロ)」と呼ばれるメンバーになる。その上で専用ルータを購入し、設置すればOK。これで、自身の回線帯域をAPとして一部開放する代わりに、外出先などで他ユーザーのAPに無料でアクセスできることになる。今年2月からはライブドアとも提携しており、JR山手線圏内の約80%を網羅するという「フォン・ライブドア」スポット約2200ヵ所のAPも利用可能となった。

 その「FON」が先頃、PSPとの提携を発表した。これによりPSPユーザーであれば、誰でも「FON」のAPを利用してPSPの公式サイトに接続できる。この場合、「フォネロ」となる必要はなく、PSP側で「FON」のAPを登録すれば、ソフトウェアの体験版や動画、壁紙などをダウンロードして愉しめる。「フォネロ」になれば、公式サイト以外へのアクセスも可能だ。

「以前に、ソニーの携帯型ネット端末『mylo』のプロモーションなどを展開したことがあり、今回の提携は、そうした経緯を踏まえて生まれたもの。ゲームユーザーへのFONの認知度アップと同時に、PSPのオンラインサービスを強化できるという意味では、“Win-Winの関係”といえます」(フォン・ジャパン COO ニナ・ニックー氏)

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年9月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。