「Google Chrome」でGoogleはウェブ閲覧にも革命をもたらすか

「Google Chrome」でGoogleはウェブ閲覧にも革命をもたらすか
 9月2日、Googleが独自のタブ型Webブラウザ「Google Chrome」のβ版を公開した。すでにInternet ExplorerやFireFox、Opera、Safariなどの人気Webブラウザが群雄割拠しているが、Google ChromeはそれらのWebブラウザとはひと味違う特長を備えている。

 Google Chromeは描画エンジンに独自の「Webkit」を採用。高速描写がウリで、他のブラウザよりもWebページが表示される速度はかなり速い。

 また、タブはそれぞれ独立したプロセスとなっており、ひとつのタブがクラッシュした場合でも、他のタブに影響を及ぼす確率が低い。結果的にGoogle Chrome全体の動作が安定する。そのほか、Webサイトが提供するサービスをアプリケーションのように起動できる「アプリケーションショートカット」などの機能も興味深い。



 このような大きな特長を持つGoogle Chrome。実際に使ってみた感想だが、最大のウリである描写速度はかなり速い。筆者は普段FireFox2 を愛用しているのだが、ほとんどのWebページの描写速度は速くなっていることが体感できた。また、Webページのデザインが崩れることも少なく、ごく自然に閲覧することが可能だ。

 新規タブを開くと、よく閲覧しているページがサムネイルで9つ表示される機能が搭載されているが、これは実際使ってみると結構便利。ブックマークし忘れた Webページも、この機能で簡単にアクセスできるのはありがたい。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年9月18日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。