カラオケの歌声を公開・視聴できるSNSサイトが登場!

カラオケの歌声を公開・視聴できるSNSサイトが登場!
「二次会の定番は、カラオケ」という人にとって、ちょっと気になるニュースが飛び込んできた。

 カラオケ業界大手・第一興商が、カラオケユーザー参加型のオフィシャルサイト「DAM★とも」を12月にスタートすると発表した。

 同サイトは、おおまかに言うと、カラオケ店で歌った自分の歌声を録音し、発表できるSNSサイト。ブロードバンド対応通信カラオケ「プレミアDAM」と会員認証機能付リモコン「DAMステーション/デンモクiD」の新サービス「カラオケ録音機能」と連動し、ユーザー自身のPC/携帯電話からインターネットを通じて自分の歌声を無料で視聴・公開できるという仕組みだ。



 他の人のカラオケを聴くことはもちろん、お気に入りユーザーの登録、リクエストなども可能。カラオケを通じたコミュニティーがネット上に出現するというわけだ。12月1日にPC向けインターネット、NTTドコモ(i-mode)、ソフトバンクモバイル(Yahoo!ケータイ)、12月4日にau(EZweb)がサービス開始する予定。

 サービスを開始する狙いは、カラオケ店舗への再来店の促進および他機種との差別化、すなわち、ファンの囲い込みだ。

 2007年度のカラオケ人口は、約4670万人(全国カラオケ事業者協会調べ)。娯楽の多様化を背景に2001年より微減状態が続いている。一時は乱立していたカラオケボックスも、1996年をピークに減少傾向にある。一方で、1施設あたりのルーム数平均は1996年の10.8室から2007年14.0室と増加傾向にあり、中小が運営する店舗が淘汰され、第一興商をはじめとする大手による競争状態となっていることがわかる。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年10月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。