ライオンが着目、「加齢臭」とは違う30代男性特有の体臭とは

 30代の男性には特有の臭いがあるらしい。ライオン株式会社・ビューティケア研究所の発表によると、男性も30代にもなれば「体臭が変化した」と感じ始めるとのこと。ちなみにこの臭いは加齢により発生するものの、いわゆる「加齢臭」(2000年に資生堂の研究所が発見・命名)とは異なる。

 同研究所はこの点に着目して研究を続けてきた結果、「30代男性特有の臭い」を特徴づける物質が「ペラルゴン酸」であることを解明した。ベラルゴン酸とは「使い古した食用油臭に似た独特のアブラっぽいニオイを発する」という。つまり30代男性は「アブラっぽい」臭いがするのだ。もちろん同研究所ではこの臭いが発生するメカニズムも研究し、抑制する成分の開発にも成功した。

 30代男性は皮脂分泌量のピークを迎えている。体幹部には皮脂腺が多く存在する。その皮脂が酸化し、一部がペラルゴン酸に変化して、独特の臭いを発するのだ。酸化抑制成分には現在でも化粧品などに使われている「メマツヨイグサ抽出液」が最も効果的らしい。この物質はポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用、抗炎症作用があるので、もちろん30代男性の臭いを抑える効果もあるのだ。

「“男の曲がり角”はニオイも曲がり角!攻める男のニオイケアに朗報」(ライオン株式会社のプレスリリースより)といったキャッチコピーで、「攻める男」向けのデオドラント商品が売り出される日も近いはずである。

 男性もデオドラントに気を遣うようになったといわれて久しい。さすがに40代、50代のいわゆる「オヤジ」はそんなことは気にしないという定説も、先述のようにほぼ21世紀の幕開けと同時に「加齢臭」という言葉が広がり、崩れ去ったようだ。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年11月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。