肉好き・脂好きのメタボ諸氏に朗報?大正製薬が開発する“やせ薬”の難易度

 2008年度に“メタボ健診”が導入されたこともあって、肥満に対する関心が急速に高まっている。景気後退で処方箋なしで買えるOTC医薬品(大衆薬)の売り上げが前年割れとなるなかで、漢方薬が前年比15%前後の伸びを記録している。ナイシトール85、コッコアポA錠といった“やせ薬”が牽引しているからだ。

 この伸び盛りの市場を狙って大正製薬が開発を始めるのが、抗肥満薬「オルリスタット」だ。オルリスタットは、脂肪分解酵素を不活性化し、脂肪吸収を阻害する効果があるクスリだ。このたび、英グラクソ・スミスクラインから、日本における開発・販売権を取得した。

 このオルリスタットは、医療用としては「ゼニカル」の名でスイスのロシュが、OTC医薬品としては「アリー」の名で英グラクソ・スミスクライン(GSK)が販売している。大正製薬は医療用、OTC医薬品、両方の権利を取得しているが、最終的に狙うのはもちろん、市場が大きいOTC医薬品としての販売だ。

 肥満人口が多い米国では、2007年7月にGSKが売り出したアリーは、発売後わずか半年で298.5百万ドル(約270億円)もの売上高を記録した。日本の市場を3分の1と見積もっても90億円にもなる。10億円売れればヒットと言われるOTC医薬品では十分すぎるスケール感だ。

 では、製品化まではどのぐらいかかるのか。現時点では、医療用から先に開発して一般用に転用するスイッチOTC方式と、直接OTC医薬品として開発するダイレクトOTC方式の二つが検討されている。医療用でもOTCでも、海外ではすでに発売されているクスリであるため、4~5年もあれば市場に投入できそうなものだが、現実はそう簡単ではなさそうだ。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。