南半球でリゾートを楽しみ報酬900万円 豪州で求人中“世界で一番の仕事”

南半球でリゾートを楽しみ報酬900万円  豪州で求人中“世界で一番の仕事”
 右を見ても左を見ても、目に飛び込むのは「不況」の二文字。仕事への情熱が冷める一方なのもしかたないのか。いや、こんな時代だからこそ、理想の働き方を見つめ直すのにはいい機会だろう。そんな折、海の向こうの「求人活動」が話題となっている。

 オーストラリア大陸の北東部、グレートバリアリーフで有名な豪クイーンズランド州観光公社が、全世界に向けて行なっている人材募集告知『ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールド』の仕事内容は、「グレートバリアリーフに浮かぶハミルトン島で半年間生活し、海にもぐって魚の餌付けをしたり、島の郵便物を収集する」とある。なんとも魅力的な募集ではないか。



 アイランドケアテイカーというこのポジションの就労期間は6ヵ月。グレートバリアリーフのさまざまな島や場所にいき、シュノーケリング、カヤック、ダイビング、ハイキングなどで得た感動、喜びをブログにアップし、専用サイトを通して世界の人々に伝えることが主な役目となる。

 つまり、半年間にわたってグレートバリアリーフおよびオーストラリアの自然の素晴らしさを体感し、それを全世界に発信することで、15万オーストラリアドル(約900万円)もの報酬をもらえるのだ。

 応募方法は「なぜあなたがこの仕事に最適な人物なのかを伝える動画(英語で60秒以内)の作成およびアップロード」と「応募フォームへの記入」のみ。

 応募締め切りとなる2月22日から選考が始まり、まずは送付した動画の人気投票で候補者50名が選ばれる。その後、最終選考に残る11名(クイーンズランド州観光公社が選ぶ10名+動画閲覧者による投票で決まる1名)は5月3日~6日の間ハミルトン島に招待され、最終面接を受ける。見事そこで合格となれば、7月1日からベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールドの仕事を始めることになる。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年1月29日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。