着物の仕立てと帯がセットで10万5千円均一!東武百貨店「十萬屋」の低価格戦略の秘密

       
 着物は高い―。
 
 そんなイメージで着物を敬遠している女性も少なくないのではないだろうか。

 東武百貨店が着物の仕立てと帯のセットで10万5000円均一という着物の格安ショップ「十萬屋」をオープンさせた。池袋店の9階呉服売り場にオープンし、着物と帯をそれぞれ100点ずつ用意している。

 訪問着や小紋、紬を取り揃え、振袖や黒留袖といったフォーマルなものは置かない。普段に気軽に使える着物を格安で提供することで、50~60代が中心だった着物の客層を30~40代にまで広げようとするもの。

 呉服の小売り市場は、1990年前後のバブル期には2兆円あったと言われているが、矢野経済研究所の予測では2008年は約3900億円である。

 「季刊きもの」(繊研新聞社)によるアンケートでは、回答者82人(女性76人、男性6人)のうち、着物と帯をコーディネートしたときの買いやすい価格帯として、10万円台までという回答が76人と全体の9割を占めた。

 いざ着物を買おうとすると、表地に10万円という値札がついていたのに、裏地と合わせて仕立てをすれば支払い時には15万~16万円になってしまう。ちなみに、東武百貨店の呉服売り場における購入客の平均的な予算は、着物と帯がそれぞれ18万~28万円、合わせて40万~50万円という。

 「高い」、さらには「最終的な値段が分かりづらい」というのが女性が着物を敬遠する要因になっている。これがセットで10万5000円均一となれば、予算オーバーの心配がなくなる。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年3月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。