異例の契約期間見直しで合意した英バーバリーと三陽商会の思惑

 日本でもよく知られる英国の高級ブランド「バーバリー」。その多くは三陽商会がライセンス生産しており、同社の売り上げの半分以上を占める大黒柱だ。1970年に日本国内での生産・販売に関するライセンス契約を結んだ三陽商会は80年以降、じつに20年にわたる長期契約を結んできた。

 ところが異変が起こった。2020年までのライセンス契約が15年までに短縮され、16年以降は新たに見直すことになったのだ。

 これに対して三陽商会幹部は「詳しくは言えないが、経済環境が激変し先行きが不透明となるなか、長期契約の是非を検討した。その結果、見直すことで合意したということ」と歯切れが悪い。

 関係者の話を総合すると「バーバリーは期間短縮というムチの代わりに、三陽商会にアメを与えた」という構図が透けて見える。

 アメというのは、三陽商会が企画し、バーバリーの許可を得て生産・販売している20代や30代向けブランド「バーバリー・ブルーレーベル」や「同ブラックレーベル」のアジア展開だ。

 そもそもは雑貨の輸入販売のために設立されたバーバリー・インターナショナル(バーバリー51%、三陽商会29%、三井物産20%出資)を通じ、これらブランドを中国などアジアに拡販することをバーバリーは認めたのだ。

 じつはバーバリー自体の業績も思わしくない。09年3月期は工場閉鎖などリストラ費用がかさみ、990万ポンドの営業赤字となった。バーバリーにとっても、中国市場は今後の生き残りがかかった期待の星。三陽商会に対して「16年以降のライセンス契約を楯にして、中国ビジネスに本腰を入れさせたい」(関係者)という狙いがあると見られる。

 長期契約見直し合意の裏には、中国ビジネスをめぐる思惑があったのである。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 大坪稚子)


■関連記事
・消費減退、外資撤退、株価・不動産の暴落、中国経済に来るべき時が来たのか
・衣料品でも低価格PBを導入 ミレニアムが進める脱“百貨店”
・「世界一手強い」日本のお客も虜に!店頭取材でわかった外資系の意外な強み
・原宿SPA(製造小売り)戦争に参戦!10期連続増収増益のポイントの実力
・最高益更新中のアパレル王者は磐石か“ユニクロ独り勝ち”の死角をあえて問う!








あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2009年10月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら