「既存の商品に新しい意味付け」で成功した“ハイボール”ブーム

       
「ハイボール」とは日本では主にウィスキーのソーダ割りを指す。昭和30年代、サントリーのウィスキーを出す、いわゆるトリスバーではソーダ割りが「ハイボール」として親しまれていた。以後、この国では「ハイボール≒ウィスキーのソーダ割り」となったのだ。

 しかしこの呼称も使われることが少なくなり、「ウィスキーソーダ」、「バーボンソーダ」(バーボンウィスキーの場合)に取って代わられていた。言葉の使用頻度との関係は不明だが、ウィスキーの消費量も2007年の時点で全盛期の5分の1にまで落ち込んでいる。

 しかし今年になってテレビのCMなどで「ハイボール」を耳にする機会がぐっと増えた。やはり火付け役はサントリーで、比較的若い層にむけてウィスキーの新しい楽しみ方を伝えるのが目的らしい。狙いどおりウィスキーの売上は上昇し、サントリーの「角瓶」の販売数量は今年、前年比15.6%増の見込みという。

「ウィスキーを冷やした炭酸水で割って飲む」だけのことでも、宣伝でタレントが教えてくれる「つくりかたのコツ」どおりに試してみると、カクテルづくりの達成感が味わえる。死語になりかけた名称もむしろプラスに働いた。若年層には新鮮であり、時代を知る者には懐かしいのだ。

「既存の商品に新しい意味付け」というセオリーどおりの宣伝が、見事に効を奏したわけだ。口でいうほど簡単なことではなく、宣伝費もバカにならないが使える手法ではある。

 宝酒造は、先見の明があるのか既に2007年に「タカラ焼酎ハイボール」を発売している。焼酎といえば、主に大衆酒場で飲まれていた焼酎の炭酸割り「チューハイ」が、若者に広く受け入れられるようになる過程でも、「新しい意味付け」が行われていたことを思い出す。
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年10月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。