“家飲み派”女性の急増で一人勝ち!酒が売れない時代に過熱する「梅酒ブーム」

       
「最近の若手はお酒に誘っても付き合ってくれない」――。中堅以上の社員が若手に対して口を開けば出る言葉がこれだ。

 「ノミニケーション」などと言われたのは、とうの昔。実際、購買支援サイト大手カカクコムが行なった昨年の調査(回答者6672人)によれば、お酒を「飲まない」と回答した人は、60歳以上では4.3%なのに対し、50代7.0%、40代9.1%、30代10.1%と徐々に増え、20代では13.7%もいるという。

 お酒を飲む人でも、「毎日飲む」は、60歳以上53.4%、50代48.4%、40代38.0%、30代31.2%に対し、20代は14.3%と極端に少なくなる。確かに、若手ほど飲まないという傾向はあるようだ。

 若い世代の旅行離れやクルマ離れに次ぐ“酒離れ”に加え、不況による飲酒機会の減少、健康志向の高まりによる飲酒抑制などの影響もあり、酒類市場は年々縮小する一方だ。

 矢野経済研究所が昨年発表したデータによると、同市場は2006年度に4兆円割れし、07年度は3兆9100億円となり、09年度はさらに1000億円減ると予測されている。糖質オフや糖質ゼロといった発泡酒や、新ジャンルなどが健闘しているものの、全体では酒類の減少に歯止めがかからない状況だ。

 ただし、そんな市場で気を吐いているジャンルもある。それが「リキュール市場」だ。代表格は梅酒である。

 2004年に焼酎ブームが一段落した頃から活況となり、毎年1割程度の市場拡大が続いた。09年も対前年比約10%増の見込みで、04年に比べて1.8倍、800億円を超える市場となっている。
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。