妊婦だからこそ出たい旅がある──。旅行代理店も注目する“マタ旅”ブームの裏側

妊婦だからこそ出たい旅がある──。旅行代理店も注目する“マタ旅”ブームの裏側
 長時間同じ姿勢を強いられ、電車・バス・飛行機などの公共機関を使用する場合、もし体調を崩したとしてもすぐには降りられない。身体に無理がかかる行動は控えるのが、妊婦の常識だ。母体にもお腹の子どもにも高いリスクが及ぶ妊娠時の旅行はお勧めできないとされてきたのには、こうした理由がある。

 そんな常識を覆すがごとく、ここ最近妊娠5ヵ月を過ぎて安定期に入った「妊婦向けの旅行プラン」が人気だという。それが“マタ旅”──マタニティー旅行である。

 とある旅行代理店が企画・販売中の「マタ旅プラン」を例にとると、時間に追われて移動に無理がかからないようにスケジューリングされているのはもちろん、宿泊する部屋や食事も妊婦用にアレンジされている。身体のラインを見られたくない妊婦のために、浴場を時間帯によって貸し切りにしてくれる宿もある。

 これまでは、「妊娠=遠出NG」という考え方が大多数を占めていたが、妊娠前とは生活パターンが大きく異なり、ただでさえ不安感を溜め込みやすい妊婦にとって、ストレスは大敵だ。

 ストレスで心身に悪影響を及ぼすよりは、安定期に入って心も身体もある程度落ち着いた状態で旅行に出かける方がよいと考える産科医が増えてきたこともあり、マタ旅人気は高まる一方だ。

 ただし、マタ旅はあくまで自己責任。注意しなくてはならない点は多い。妊娠経過は人によって異なり、必ずしも「5ヵ月を過ぎた頃から安定期」というわけではない。マタ旅に出るにあたっては、主治医と相談しながら、そして何より家族の理解を得る必要がある。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2010年10月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら