足だって動脈硬化になる!閉塞性動脈硬化症

足だって動脈硬化になる!閉塞性動脈硬化症
       
 高血糖、高LDLコレステロール、高血圧の三重苦を抱えているMさん、55歳。最近、足先が冷えて歩行時にふくらはぎがつるようになった──。

 生活習慣病が心筋梗塞、脳卒中の原因になるのはもはや一般常識だが、もう一つ閉塞性動脈硬化症(PAD)という病気をご存知だろうか。要は足の動脈硬化で、下肢の血流が滞り、足のしびれや冷え、痛みが起こる。病状が進むにつれ、一定の距離を歩くと、ふくらはぎや太もも、おしりの痛みや「足がつった感じ」が出て、しばらく休むと症状が消える「間欠性跛行」が生じる。さらに進行すると血流が完全に滞り、足指やかかとに潰瘍ができ、壊死してしまう。

 PADの有病率は推定3~10%。間欠性跛行まで進行した患者は30~40代で1%前後だが、70歳以上では6~7%に及ぶ。下肢に異変が集中するとはいえ全身の動脈硬化の一症状なので、PADと心筋梗塞や脳卒中が合併する危険性はきわめて高い。特に潰瘍、壊死まで進むと生命予後が非常に悪く、1 年後に25%の患者が亡くなるというデータがあるほどだ。

 PAD発症の危険因子は、糖尿病、喫煙、脂質異常症、高血圧、血管年齢、実年齢、そして男性である。特に糖尿病では、PADの跛行患者が潰瘍や壊疽になる危険度が4倍に、喫煙者は2倍に跳ね上がる。糖尿病の方は禁煙したうえで日々、足の状態を観察してほしい。一つ注意が必要なのは、PADの主症状の間欠性跛行は脊柱管狭窄症という整形外科領域の疾患でも起こりうること。初診時に内科、整形外科のどちらを受診するにせよ、問診時に説明がない場合ははっきり質問しよう。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「生活習慣病」に関する記事

「生活習慣病」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「生活習慣病」の記事

次に読みたい「生活習慣病」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。