術前術後の抗がん剤に期待 スキルス胃がんを諦めない

術前術後の抗がん剤に期待 スキルス胃がんを諦めない
       
 スキルス胃がんの告知を受けたOさん、52歳。一時はショックでなにも手につかなかったが、今はできる治療はすべて試し、サバイバルしようと決意している──。

 胃がん全体の1割を占め、予後不良がんの代名詞でもあるスキルス胃がん。胃痛や出血などの自覚症状がほとんどないため、発見された時点で6割に腹膜転移が見られる。これは普通の胃がんの進行ステージの4期に相当する。

 また、胃がんの好発年齢が60歳代なのに対し、スキルス胃がんは50歳代と若く、進行がきわめて早い。普通、がんが肉眼で確認できる大きさになるまで数年~10年を要するが、スキルス胃がんは、1、2年で末期まで進行してしまうこともまれではない。1期の早期胃がんが98%、2期の進行がんでも 70~80%が治る時代にあって、スキルス胃がんの5年生存率は10~20%にとどまっている。

 スキルス胃がんの早期発見・治療が難しい理由は、その特殊性にある。普通の胃がんは胃粘膜の表面に火山の噴火口のような盛り上がりやへこみをつくる。一方、スキルス胃がんは、がん細胞が胃壁の中を横ばいに広がっていく。このため胃粘膜表面に異常が現れず、内視鏡検査でも見つけにくいのだ。

 さらに、他の胃がんが血液やリンパ液の流れに乗って転移するのに対し、スキルス胃がんは粘膜層を突き抜けたがん細胞が胃の外側の膜からこぼれ落ち、ちょうど種を播くように腹の中に散らばっていくのである。そのため手術ですべてのがん細胞を取り切るのは、ほぼ不可能に近い。
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。