サッカーグラウンド級の大自然があなたを呼ぶ!前代未聞の「森付きマンション」はブレイクするか

サッカーグラウンド級の大自然があなたを呼ぶ!前代未聞の「森付きマンション」はブレイクするか
拡大する(全1枚)
 住居の付加価値として周囲に自然や緑があることは、いつの時代でも魅力だ。不動産会社の有楽土地の調査(東京、千葉、埼玉、神奈川に住む 20~30代の男女500人が対象)によれば、住居購入の際に緑などの自然環境の豊かさを考慮する人は、約8割にも上る。マンション市場でも、庭付きや公園付き、最近では「田んぼ付き」という珍物件も登場している。

 そうした世相を背景に、有楽土地、名鉄不動産、三交不動産、東レ建設、新日本建設、長谷工コーポレーションは、究極の自然環境とも言える“森”を付けた物件を共同開発し、販売を開始した。千葉県習志野市の“家族の森プロジェクト「Green Green」”だ(千葉県習志野市、総戸数270戸、間取り3LDK~4LDK、平均専有面積85m^2台、販売価格2300~4900万円台を予定)。

 このプロジェクトは、東京駅まで35分、船橋駅まで10分の京成本線実籾(みもみ)駅から徒歩11分に位置し、2008年に分譲を開始した「ユトリシア」(全5棟、総戸数1453戸、敷地面積約6万6000m^2)の「参番街」に当たるもの。壱番街、弐番街の分譲はすでに完了し、今後参番街に続き、四番街、五番街の開発・販売が計画されている。

 参番街の前に面する森は、1ha(サッカーグラウンド約2面分)にも及ぶケタ外れの広さだ。ケヤキやモミジ、サクラもあれば、りんごの木、竹やぶなどもある。全ての樹木が成長すれば、常緑樹、落葉樹が生い茂る、まさに森という呼び名にふさわしい規模と多様さになる。散歩、森林浴を楽しめるし、居住者の交流の場、子どもの遊び場にもなる。バーベキューコーナーもあり、ちょっとしたアウトドアライフも味わえる。
編集部おすすめ
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク