泥沼の訴訟合戦から見えてくる アップルとサムスンの関係変化

 米アップルと韓サムスン電子の訴訟合戦が激しさを増している。

 アップルが、米国で特許権や商標権が侵害されているとして、サムスン電子を訴えたのは4月18日のこと。訴えた内容は、スマートフォンなど携帯情報端末について、タッチパネルの操作方法が酷似している点などだ。

 対するサムスンは、困惑しながらも黙ってはいなかった。すぐさまアップルに対し、5日後の23日には、特許権を侵害しているのはアップルだとして逆提訴に踏み切った。

 その後も両社は一歩も譲らず、互いに相手の本国での提訴に発展するなど、この訴訟は泥沼の様相を呈しはじめている。もっとも、このような知財を巡る特許訴訟は、互いの持つ特許を相互利用するクロスライセンス契約において、特許使用料の価格交渉に用いるという一面もあり、ハイテク企業同士の駆け引きとしてさほど珍しい話ではない。しかし、ここまで激しい訴訟合戦となったことに、業界の関係者たちは驚きを隠さない。なぜか。

 確かに、アップルとサムスンはスマートフォンやタブレット端末の販売で、世界中のマーケットでしのぎを削っている。アップルのiPhoneとiPad、サムスンの「ギャラクシー」シリーズを知らない人はもういないだろう。だが、その一方で、これらアップル製品を構成する主要部品の多くが、サムスン製品だということはあまり知られていない。

 たとえば、iPhoneやiPadの心臓部分であるCPU(中央演算処理装置)。CPUを設計しているのはアップルだが、その設計に従って製造を一手に引き受けているのは、じつはサムスンだ。他にもある。NAND型フラッシュメモリやDRAMの半数近くをサムスンが納めているのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サムスン 日本
  2. サムスン 株価
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2011年7月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サムスン + 株価」のおすすめ記事

「サムスン + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「サムスン + 日本」のおすすめ記事

「サムスン + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本政府」のニュース

次に読みたい関連記事「日本政府」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら