ジョブズのカリスマ性が覆い隠していたアップルの5つの弱点

 ティム・クックは、スティーブ・ジョブズの跡をうまく継げるのか。

 アップルの共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズが8月24日にCEO(最高経営責任者)を電撃辞任して以来、ここアメリカのテクノロジー業界やメディアはこの話題でずっと持ち切りだ。製品開発を何年も前から仕込むアップルのこと、今後数年間はジョブズがすでに敷いた体制のもとで、同社はこれまでどおりに新製品を発売し、好業績を維持すると考えられている。

 だが、テクノロジー業界の変化は激しい。ジョブズが仕込んだマジックがいずれ消え去ったとき、アップルが今と同じ輝きを発し続けていられるかの保証はまったくない。

 ジョブズは、ことにiPhone、iPadでポストPC時代、つまりPCの次に来る時代への地盤固めをした。持ち歩けるコンピュータのようなiPhoneやiPadは、いつでもどこでもユーザーがデータを引き出し、自宅やオフィスと同じようにデジタルライフをおくることを可能にした。だが、そこへ競合も一斉に参入。アップルは特許侵害を理由にライバルを相次ぎ訴えることで、参入壁を高くしようと目論んでいるが、ライバルもすぐさま対抗策を整えて反撃に出ている。

 そうした中で、新CEOのティム・クック率いるアップルの不安は何か。ここでは、その最たるものを5つ拾ってみよう。

(1)モバイルのアプリケーションの技術先進度

 iPhoneやiPadは、スタイリッシュで、わかりやすく使いやすいユーザーフレドリーさが特徴だ。たが、たとえば、アンドロイド機器に比べると、高い技術を持ったアプリケーションがいくつか欠けている。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2011年9月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。