7cmの積雪でも大丈夫!東洋ゴムが新開発した夏冬兼用タイヤ

 残暑厳しい日々のなかで、少しばかり気が早いが、タイヤ業界では早くも冬物商戦が始まっている。今年、注目を集めているのは「冬といえばスタッドレスタイヤ」という常識を覆す、新しいジャンルのタイヤ、東洋ゴム工業の「CFt」(クロスファンクショナルタイヤ)だ。

 近年、東京や大阪などあまり雪の降らない大都市圏でも年に数回、数センチ程度の雪が降り積もる事態が増えている。昨冬は都心で十数年ぶりの大雪に突如見舞われたことは記憶に新しい。

 当然のことながら、降雪地域では冬場、スタッドレスタイヤやチェーン装着が必要だ。ところが「クルマに乗るのは送り迎えや買い物が中心」という都会の街乗りユーザーには、タイヤの冬装備は面倒なもの。「スタッドレスは高いし、付け替えても置き場がない」「ちょっとくらいの雪道なら、いつものタイヤで乗り切りたい」という人は多いだろう。

 こうしたニーズを汲み取ったのが今回のCFtだ。東洋ゴムでは街乗りユーザーをターゲットに「夏も冬もこれ1本」という、これまでありそうでなかった交換不要の新型タイヤを約3年かけ開発した。

 ノーマルタイヤの性能を維持しながら、スタッドレス性能をいかにバランスよく併せるかが開発の大きな課題だった。例えば、ノーマルタイヤは雨が降った路面でも滑らないよう、排水機能を持たせてあり、そのためタイヤ表面の溝は太くストレート。一方、スタッドレスは雪や氷を掴めるよう溝は細かく複雑な形状をしている。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2011年9月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら