年々増加傾向にある「マスク族」「風邪でマスクなし」は今やマナー違反!?

       
 この数年間で、マスクをする人が急増したと感じないだろうか。今年4月に福島原子力発電所の事故による放射性物質の飛散を受けて、一時は店頭からマスクが消えるほど爆発的に売れたのは記憶に新しいが、マスクをすることが習慣化している人が増加しているために、市場は確実に拡大傾向にある。なぜ日本人はマスクがかくも好きなのか。

「この3、4年で急速にマスクをする人が増えた。今も上昇トレンドにある」。

 小林製薬の調査によると、風邪やインフルエンザの症状があったり気になったりするときに、ほぼ毎日マスクを使用する人の割合は、着実に増加している。2008年が18.0%、09年が26.2%、10年が27.7%、11年が30.6%と増加している。調査は1200人を対象に毎年2月に行っている。「12年もマイナス要因は見当たらない。使用する割合は32%程度まで高まるのではないか」と予測する。

 実際、富士経済によると家庭用マスク市場は2011年見込みで販売金額170億円と前年比13.3%増、販売数量でも5億5000万個と前年比10.0%の増加だった。実に日本人1人につき、年4.4個も購入していることになる。ちなみにマスク市場のピークは新型インフルエンザ騒動が起こった09年は340億円、7億8000万個も売れて、品薄状態が続いた。その後、市場は反動減となったが、こうした特殊要因を除けば成長トレンドにある。12年も販売金額は180億円と6%増加を予想している。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。