「学生ならアリだろうけど社会人は……」SNSが転職活動では利用されない理由とは

「学生ならアリだろうけど社会人は……」SNSが転職活動では利用されない理由とは
 以前、本コーナーで「IT業界志望なら当たり前!?就活でのフェイスブック、ツイッター利用率が上昇中」という記事を公開した。ツイッターを就活で使う学生は半数以上、ツイッターに比べて日本での普及が遅かったフェイスブックに関しては約30%という利用率の高さが明らかとなった。だが、社会人が転職活動を行う際のSNS利用率は、まだ低いようだ。転職サイト「DODA」の行った調査によれば、転職活動におけるSNS利用率は9.8%に過ぎないという。では、調査内容を詳しく見てみよう。

 調査対象は転職活動経験のある25~39歳のホワイトカラー系職種の男女(正社員)。実施期間は2011年10月22日~23日。調査方法はインターネット。有効回答数は1000件。

 SNS利用率が低い理由として、同調査では「ネット内に実名や社名、職歴を公開する習慣が日本にはまだ根付いておらず、またビジネス機会の創出にソーシャルメディアを活用するケースも少ないから」としている。ただ、これだけでは学生に比べて転職組である社会人の利用率が低いことを説明するのは十分ではないだろう。

 SNSを利用する理由として主に考えられるのが、「情報収集」と「人脈作り」だ。このうちの「情報収集」は、転職組であればそれまでの社会人経験から得る部分は大きい。どこにあたればほしい情報にたどり着けるか、理解できているのが転職組だと言える。それに比べると多くの学生たちはまだ社会を知らず、どのように情報収集をすれば良いのかもわからない段階だろう。そこでデジタルネイティブである彼らは、ネットでの情報収集に精を出すのではないか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2012年2月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら