アルヒ(7198)の株価はフラット35不正報道で急落も 成長力に対して株価は割安で「買い」推奨! 短期の株価に一喜一憂しない投資家になろう!

アルヒ(7198)の株価はフラット35不正報道で急落も 成長力に対して株価は割安で「買い」推奨! 短期の株価に一喜一憂しない投資家になろう!
★★★★★ (5段階中5 強い買い推奨)
目標株価3500円

堅調な業績に対して株価は割安

1)堅調な業績の拡大が続くと見込まれること
2)成長力と比べた現状の株価水準が魅力的なこと
から投資判断は5とします。

 投資用なのに住居用として偽ってフラット35を悪用する事例があるとされ朝日新聞に10連休中、フラット35の悪用についての記事が出ました。ARUHIは「コンプライアンス ファースト」というスローガンを掲げ、かねてから、売上よりコンプライアンスを重視する経営です。

 フランチャイズオーナーに対しても投資用に回すことはあってはならない旨を開業以来、徹底しています。アルヒの調査によれば、投資向け不正の件数は全体の極わずかであり、彼らの成長を阻害する要因とはなりません。

 投資家は、企業を競合関係を整理しようとします。自動車であればトヨタホンダは競合関係にあると。しかしアルヒは他人との競争に身を投じている企業ではありません。あるべき金融機関の理想やあるべき住宅ローンの理想を掲げ、現実を理想へと進める努力をする企業です。理想と現実との間には大きなギャップがあります。ですが、そのギャップを毎年のように埋めていくことが、そもそも仕事をする意義であると考える企業なのです。

外資系IT企業で実績を積んだCEO

 CEOの浜田宏さんは、ずっと外資系のIT業界で実績を積まれた方です。上場前、アルヒはファンドの傘下にあったため、当初は同社の顧問(相談役)でした。相談に乗るうちに、金融業界はハイテク技術の力を導入すれば大きく変身させられる業界であると感じたのです。アルヒはまだ小さいからこそスピードが速いのに、それが十分に生かされていない状態でした。銀行に倣って土日を休みにしたり午後6時にお店と本社の電話が通じなくなったり、顧客に寄り添うという形ではなかったのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2019年5月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。