旅行作家・下川裕治氏が バングラデシュの小学校支援を28年間続けている理由(前半)

旅行作家・下川裕治氏が バングラデシュの小学校支援を28年間続けている理由(前半)

2006年に中国に移住し、蘇州、北京、広州、その後上海に約8年在住。情報誌の編集長を経て現在はフリーランスとして活躍する大橋史彦さん。今回は番外編として、以前から交流のあった旅行作家の下川裕治さんへのインタビューから、バングラデシュでの活動をレポートします。

 泥沼化の様相を呈している米中貿易戦争により、中国で米国向け製品を製造している企業のなかには、生産を他国へ移管する動きが出ているが、「チャイナ・プラス・ワン」はいまにはじまったことではない。
 
 特に付加価値の低い軽工業は、繊維業を中心に多くが生産拠点を移してきた。移転先としては、人件費の安いベトナムやミャンマーといった東南アジアが中心だったが、バングラデシュを選択した企業も少なくない。

国民の88.4%がイスラム教徒

 世界でも貧しい国のひとつに数えられるバングラデシュは、外資の流入で高い経済成長を続けている。しかし、その経済発展に取り残された地域がある。コックスバザールもそのひとつだ。

 バングラデシュは、イスラム教を信奉するベンガル人が多数を占め、外務省のホームページによれば国民の88.4%がイスラム教徒だが、コックスバザールは、仏教徒であるラカイン族が暮らす町だ。旅行作家の下川裕治さんは、この地で28年にわたり、ラカイン族のための小学校運営の支援を続けている。

 下川さんの著書は、私のような40代以上のバックパッカー経験者であれば、ほとんどが一度は手にしたことがあるだろう。私も学生時代、夢中になって読んだ時期がある。当時、まだ行ったことのないアジアの国々の旅行記を読んでワクワクしたものだ。中国については苦言がほとんどだったが。還暦を過ぎたいまでも、東南アジアの鉄道を乗り潰したり玄奘三蔵が歩いたルートをたどったりと、過酷な旅を続けておられる。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2019年6月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら