コスモス薬品の「首都圏侵攻」で薬局戦国時代が始まる

コスモス薬品の「首都圏侵攻」で薬局戦国時代が始まる
イオンせんげん台店の真正面に広がるコスモス薬品の開発予定地(埼玉県越谷市) Photo by Takeshi Shigeishi

『週刊ダイヤモンド』9月14日号の第一特集は「薬局戦争」。今や6万店近くと、コンビニよりも多い薬局が転換期を迎えています。大手ドラッグストアチェーンの経営統合で、売上高1兆円の“メガ薬局”が初めて誕生したことで、本格的な薬局戦国時代に突入しようとしています。

ドラッグ業界の西の雄が
越谷で郊外大型店を計画

 埼玉県越谷市の東武鉄道伊勢崎線せんげん台駅。改札を出て西へ延びるバス通りを10分ほど歩く。

 3階建てのイオンせんげん台店に着くまでの間、通り沿いには大手ドラッグストアのカワチ薬品、富士薬品が展開するセイムスの他、複数の調剤薬局が軒を連ねていた。もちろんイオンの店内にも、イオン薬局が入居している。

 そしてそのイオンとバス通りを挟んだちょうど真向かいに、サッカーコートの半分ほどの空き地がひろがっていた。標識によれば、敷地面積は3636平方メートル。10月1日に着工し、床面積1759平方メートルの鉄骨平屋建てを建築するとある。

 開発者は、福岡市に本社を置くコスモス薬品――。ここはドラッグストア業界の西の雄、コスモス薬品が関東で初出店する郊外大型店の開発予定地なのだ。

 この地は都市再生機構(UR)のパークタウン三番街の一角にあり、1980年代に開発された団地では住民の高齢化が進む。周辺にドラッグストアが林立するのは、こうした典型的な郊外住宅地の商圏を見込んでのことであろう。

 「コスモス薬品は安売りの店ということで知っている。昔は田畑しかない地域だったが、商業施設が増えれば便利になる。オープンが楽しみだ」。イオンに毎週買い物に訪れるという70代の男性は、開発予定地を見つめながら、そう話した。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2019年9月9日の経済記事
「コスモス薬品の「首都圏侵攻」で薬局戦国時代が始まる」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    2019/09/09 11:20…私の住んでる地域ではその逆です。お互い競争してるのでしょう。安易に「アッチ系」で片付けるのは早計かと。

    8
  • 匿名さん 通報

    コスモスは立地調査はそこそこにドラモリのすぐ近所に出店し、ドラモリをことごとく潰してきた。やり方が何というかアッチ系のニオイが。安いかもしれないが、コスモスには行かない。

    3
  • 匿名さん 通報

    2019/09/09 14:21さん 逆のパターンもあるんですね。非常に興味があります。

    1
  • 匿名さん 通報

    そのとうり!やりかたが商売のみちにはんしていると思う 相手のお店のかたも生活がうるのだからつぶしたらだめだよ

    0
  • 匿名さん 通報

    日高屋がマクドナルドのそばに立地しているのと同じ戦略なのではないかと。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら