知るだけで文章がうまくなる3原則の1つ、「相手を意識する」とは

「君の書いたもの、分かりづらいなあ」「もう少し分かりやすく書いてもらえませんか」と、上司や取引先から言われたことはありませんか?

『週刊ダイヤモンド』12月21日号の第1特集は、「伝える! 震わす! 書く力。」です。

 学校で教えてくれるのは読書感想文や論文の書きかたくらいです。それなのに社会に出るといきなり、メール、議事録、アジェンダ、プレゼン用のスライド、SNSやチャット、部下への指示書などさまざまな場面で「書く力」を求められます。

 現代はメール一本、プレゼンテーション一発で、仕事の受注や重要事項が決まります。「文章は苦手なので…」と悠長なことを言っていられる状況ではないのです。文章の書きかた一つで会社員としての運命が変わってしまうかもしれません。

 もはや、すべてのビジネスパーソンにとって、「書く力」は必須のスキルといえます。

 書く力は「たった3つの原則」を知るだけで見違えるほど上達します。それは、「文章は構造を意識する」「文章は相手を意識する」「文章は語感を意識する」の3つ。ここではその内のひとつ、「相手を意識する」の一部を紹介します。

書き手と読み手との間には
感情の交錯が必ず付きまとう

 ビジネスにおける文章の最大の特徴は、「読む相手がいる」ことだ。「自分のビジネスを成功させたい」「業務をスムーズに進めたい」「問題を解決したい」──。

 相手はそういう動機を持ってあなたの文章を読む。つまり、これらの答えやヒントがあなたからの伝達に含まれているのではと、期待しているのだ。そのことをあなたは普段、どのくらい意識しながら文章を書いているだろうか。

当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。