[橘玲の世界投資見聞録] 書籍『死都ゴモラ』が明かす、南イタリアの途方もない秘密

[橘玲の世界投資見聞録] 書籍『死都ゴモラ』が明かす、南イタリアの途方もない秘密
現代の"ゴモラ"と言われるナポリの街並み (Photo:©Alt Invest Com)
       
 ナポリを中心とする南イタリアの犯罪組織カモーラ(「組織」の意味)の実態を暴いたロベルト・サヴィアーノの(河出文庫)については、以前紹介(「現代の”ゴモラ”ナポリの街角で見たイタリアの闇」)した。カモーラの偽ブランドビジネスの話だが、これは彼らの広範な活動のごく一部にすぎない。

『死都ゴモラ』は驚くべき本だが、最後まで読み通すのはかなりの根気がいる。20代でこの本を書いた才気溢れる著者が、あまりにも“高尚な”文体を使っているからだ。そのため日本の出版社は、現代イタリア文学の最高峰アルベルト・モラヴィア(ゴダールによって映画化された『軽蔑』が有名)を翻訳する大御所を起用したが、それでも私のような一般人にはかなりハードルが高い。

「クラン(犯罪組織)に対抗するとは、生存のための闘いに加わることである。あたかも生存自体、口にする食物、頬ばる口、耳にする音楽、読む頁が、私たちの生活を根拠づけられず、単に生存を認められているだけのような。知り、理解するのは一つの必要なことである。生きて呼吸する一人の人間であると感じることを可能にする唯一のことだ」

 こんな文章がえんえんと続くことを想像すると、どんな“読書体験”かおおよそわかるだろう。

 しかし『死都ゴモラ』は、この苦難を乗り越えた先に、世界を理解するための途方もない秘密を明かしてくれる。もちろん原書(の翻訳)を読んでいただくのが一番だが、時間と忍耐力のあるひとばかりではないだろうから、ここでその一部を紹介しておきたい。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。