[橘玲の世界投資見聞録] 北朝鮮、板門店と延吉でかいま見た虚実

       

 金正日は2000年に「太陽政策」を唱える金大中(キム・デジュン)韓国大統領と南北首脳会談を行ない、イタリア、カナダ、イギリスなどの西側諸国とあいついで国交を樹立し、2002年には小泉首相との日朝首脳会談で日本人13人の拉致を認め謝罪した。

『JSA』は、こうした南北の雪解けムードを背景に、北朝鮮兵士を「敵」ではなく1人の人間として描いたことで韓国社会に衝撃を与えた。映画では、不遇をかこつ北朝鮮軍の将校(ソン・ガンホ)が、上官と部下を誤って射殺した韓国軍の警備兵(イ・ビョンホン)をかばうために、自分の肩を撃たせて罪をかぶろうとする。これはもちろんお伽噺だが、それをリアルに感じさせるだけの楽観的な雰囲気(同じ民族なのだからいずれはわかり合える)がその当時はたしかにあったのだ。

「自由の村」と「平和の村」

 北朝鮮は2006年7月、テポドン2号、ノドン、スカッドなどの弾道ミサイル計7発を日本海に向けて発射する。北朝鮮への融和政策はこの事件で大きな変更を余儀なくされることになるが、私が板門店を訪れたのは2005年5月のことで、金大中政権の雪解けムードはまだ残っていた。

 その当時も今も一般の韓国国民が板門店を訪れることは許されておらず、板門店ツアーの参加者のほとんどは日本人と欧米人だった(現在は在日朝鮮・韓国人も参加が認められているようだ)。

 ソウルを出発すると、観光バスは非武装中立地帯(DMZ=Demilitarized Zone)を目指す。韓国と北朝鮮の国境は正式には軍事分界線(休戦ライン)で、その南北2キロがDMZとされている。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。