バチカン銀行と陰謀論者ロベルト・カルヴィの死の謎 [橘玲の世界投資見聞録]

バチカン銀行と陰謀論者ロベルト・カルヴィの死の謎 [橘玲の世界投資見聞録]
発見直後のカルヴィの死体  写真:TopFoto/アフロ
       
 イタリア、ミラノのカトリック系金融機関、アンブロジャーノ銀行で異例の出世を遂げ、50代半ばで頭取に就任したロベルト・カルヴィは極端な二面性を持つことで知られていた。

 ひとつはエリート軍人から冷徹で有能なビジネスマンへと転身した「氷の目を持つ男」。もうひとつは、「この世界は闇の権力によって支配されている」と信じる陰謀論者の顔だった。

●参考:イタリア・フリーメーソンと「陰謀論者ロベルト・カルヴィの運命」

カルヴィがアンブロジャーノ銀行を支配した仕組み

 念願の頭取となったカルヴィの脳裏を支配したのは、「いずれ何者かによってこの銀行を奪われるのではないか」というとてつもない不安だった。いったん「陰謀」の渦中に投げ込まれると、誰ひとり信用できず不吉な出来事を恐れるようになるのだ。

 カルヴィにとって幸運だったのは、アンブロジャーノ銀行に特定の大株主がいなかったことだ。敬虔なカトリック教徒のための金融機関をつくろうとした創業者たちは、株式を公開せず、個人の株式保有比率にも制限を設けていた。誰であれ、株式の15~20%を保有すれば銀行を実質的に支配できたのだ。

 こうしてカルヴィは、秘密裡に銀行の株を買いはじめた。購入するのは系列の銀行や保険会社などで、そのための資金はアンブロジャーノ銀行から融資された。

 しかしこうした国内取引は財務諸表に記載しなければならず、イタリア中央銀行など財務当局から問題視される恐れがある。カルヴィにはもっと守秘性の高い“自社株買い”のスキームが必要だった。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。