“リア充”をセッティングする学生寮 「チェルシーハウス」は成功するか

“リア充”をセッティングする学生寮 「チェルシーハウス」は成功するか
チェルシーハウスの外観イメージ。2014年3月オープンの「チェルシーハウス国分寺」(56室)を皮切りに、今後5年間で500室を目標としている
 アフリカにこんなことわざがあるそうだ。

「早く行くなら一人で、遠くに行くならみんなと」

 日々の仕事も生活も、仲間や家族と助け合いながら進む長い旅のようなもの。人生の目標を高く掲げ、それぞれの“遠く”を目指すのであれば、そこに出会いの刺激を期待するのは当然のことなのかもしれない。

 教育関連のNPO法人「NEWVERY」が今年3月にオープンする「チェルシーハウス」は、“本気”で大学生活を充実させたい学生たちを集める学生寮である。

 2013年12月中旬に都内で開催された第1回入寮説明会には、現役大学生、今春卒業予定の高校生を中心におよそ30名が参加。家族に付き添われて、栃木県からやってきた学生もいた。

「チェルシーハウスの最大の魅力は“人”。学校教育以外に彼らが成長のチャンスをつかむには、自己研鑚を支える環境が必要です。人から人へ、それぞれの“本気”が受け継がれていくような場になればと考えています」(NEWVERYフェローでキャリアコンサルタントの斉藤寛子氏)

学生と交流する「メンター」を配置

 特徴として挙げられるのは、各分野の最前線で活躍する社会人がメンターになること。広告代理店、外資系証券会社、クリエーターや社会人類学者など、各界の第一線で活躍する“大人”たちが、月に1回学生との交流の場を設ける。

 学生8人に対してメンターは2人体制。入寮時の面接で学生の興味分野や志向を聞き、双方のベストマッチングを図る。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2014年1月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。