ドン・キホーテやモスバーガーも新機軸続々 消費増税後の新たな顧客争奪戦の実態

ドン・キホーテやモスバーガーも新機軸続々  消費増税後の新たな顧客争奪戦の実態
SNAP HOUSE店内のキッズスペースで遊ぶ子どもたちと、くつろぐママたち
       
 平日の11時。埼玉県川口市のある店舗を、子連れのママ友らしき主婦2人が訪れた。子どもたちは早速店内のキッズスペースに置かれたiPadでゲームを始める。主婦らは備え付けのフレーバーティーサーバーで好みの飲み物を選び、ソファーでくつろぎながら談笑。子連れ歓迎の今どきの“親子カフェ”によく見られる光景だ。

 だが、ここはカフェではない。今年4月5日に開店したばかりのファミリーカー専門の中古車販売店「SNAP HOUSE(スナップハウス)東川口店」でのひとコマなのだ。

 広々とした店内にはテーブル席やソファーが複数設けられ、2時間300円の利用料を払えば、コーヒーやフレーバーティー、ジュースが飲み放題。小学生未満は無料だ。筆者が主婦らにクルマへの興味を聞くと、「残念ながら全くありません」と苦笑い。「ここはキッズスペースがあって、子どもがいくらでも騒げるのがいい。ママ友と会うときは今後も利用したい」と話す。

 同店は中古車買取・販売のガリバーインターナショナルが運営。屋外展示場も含め国内外の異なるメーカーの中古ファミリーカーを常時20台程度展示する。しかし、主婦らはお茶を飲みながら、もっぱら世間話に花を咲かせる。店員も自分たちから商談を持ちかけることはしない。結局、主婦らはクルマを一切見学することなく、店を離れた。見学や商談なしにカフェ利用だけで帰られては、本末転倒ではないか。

 だが、店舗開発責任者の折下恵太郎ストアマネージャーはこう言う。「ファミリー層では、子どもの送迎や買物などでママが運転する機会が圧倒的に多く、いわばママがメインユーザー。それなのに、今までの自動車販売店は女性にとって近寄りがたい場所だった。


ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。