さわかみファンドの投資手法を自分流に改良し 600万円を8000万円にした会社員の投資術とは?

さわかみファンドの投資手法を自分流に改良し 600万円を8000万円にした会社員の投資術とは?

運用哲学に心酔してさわかみファンドの積立購入を続けるうちに、自分自身でも個別株への投資をスタートさせた内田さん(仮名・埼玉県在住・40代男性)。弟子が師匠を超えることが多々あるように、今では、さわかみファンドをはるかに凌ぐ運用成績をあげているという。その投資手法とともに今注目している銘柄を聞いた。

「日本初」または「日本発」の意気込みを持つ
少数銘柄を選抜して買い増しを繰り返す!

 今から17年ほど前、内田さんが社会人になった頃から、その運用哲学に心酔して購入を続けた投信が「さわかみファンド」で、多くの投資家がご存じの通り、本格的な長期投資を標榜するファンドだ。

 内田さんはこのさわかみファンドの投資手法を踏襲した結果、現在の中核を占める銘柄は、いずれも10年以上の保有になっているという。

 この内田さんの長期投資のスタンスは、最初に手本とした「さわかみファンド」以上に徹底している。内田さんの株式投資は、単なる値上がり益の追求ではない。社会に貢献している企業の株を買ってとことん保有し続けることで、自分自身も世の中の役に立ちたいと考えているのだ。

 ただし、さわかみファンドと大きく異なるのが集中投資という点だ。わずか4銘柄が資産全体に占めるウエートは95%に達している。

「現状はそーせいグループ(4565)が約55%、ツノダ(7308)が約15%、サンテック(1960)が約15%、岡山製紙(3892)が約10%。相場全体が下げて株価が割安になった局面などを見計らって、どんどん買い増ししていきました。投資を始めて以来、常に10銘柄以下の保有にとどめています。数が増えすぎると、管理できなくなるからです」


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。