いまは無理して日本株を買う時期ではない。 ただ、短期のテーマ株なら売買してもよし! いま物色される2つのテーマとは?

いまは無理して日本株を買う時期ではない。 ただ、短期のテーマ株なら売買してもよし! いま物色される2つのテーマとは?
日経平均株価チャート(日足・1年)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより
 やはりというべきか、残念ながらというべきか、シルバーウィーク(19~23日)明けの東京株式市場は軟調に推移しています。

 連休明けでも、米金融政策への不透明感、中国先行き景気懸念が燻り続けていることに加え、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題が欧州を中心とする景気を押し下げるとの警戒感が強まったことが株式相場軟調の理由です。

米利上げは9月見送りも不透明感が強く、
中国経済の減速が顕著になってきた

 まず、米金融政策については、FRBは16日~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ見送りを決め、その後の声明で「世界経済や金融市場の動向」が米経済活動やインフレを抑制すると指摘しました。これを受け、市場では米利上げは来年に持ち越されるとの見方が増えました。

 しかし24日、イエレンFRB議長は米マサチューセッツ州で講演し、「私自身を含む大勢の参加者」が現時点で年内の利上げを支持していると明言しました。これらFOMCや議長発言を踏まえ、現時点では、市場の大方の予想は「12月利上げ」のようです。しかしながら、時期を巡っては、正直予想がつかず、メチャクチャ不透明感が強いと言わざるを得ません。

 次に、中国景気については、23日発表の中国の9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は47.0と、8月確報値を0.3ポイント下回り、6年半ぶりの低水準となりました。好不況の判断の境目となる50を7カ月連続で下回りました。足元の景気減速は顕著です。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。