空売り投資家「グラウカス」が日本上陸。 伊藤忠(8001)は第2の東芝事件になるか!?

先月「グラウカス・リサーチ・グループ」(以下、グラウカス)なる米国の空売りファンドが日本に上陸を果たしました。不正の闇を抱える企業に狙いを定めて空売りを仕掛け、レポートでそれを暴き株価の大幅下落を待つ――「グラウカス」とは毒を持つ生物を食らう海洋生物のことで、まさに同ファンドのスタイルを象徴しています。そして同ファンドが日本での最初の標的に定めたのが、伊藤忠商事(以下、伊藤忠 証券コード8001)です。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が、グラウカスvs伊藤忠の闇のバトルを解説します。

不正をネタに空売りを仕掛け
発覚を煽って儲けるファンド

 グラウカスは2011年創業のカリフォルニア州を本拠とする投資ファンドです。粉飾決算など不正を抱えた企業を探し出し、自己資金で空売りを仕掛けた後レポートでそれを「暴露」して、株価の値下がりを待ちます。

 これまで米国や東南アジアで22社の投資実績(空売り実績)があり、うち5社の経営者が証券詐欺などで告発されているそうです。

 そのグラウカスが7月27日に発表したレポートが注目を集めています。前置きとして東芝(6502)が2008~2014年に税引前利益で1518億円の水増しをしていたことを認め、株価が70%も下落したことを“紹介”し、次に同様の不正会計が発覚するのは伊藤忠(8001)であると書いてあるのです。

グラウカスが指摘する
伊藤忠の3つの不正とは!?

当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東芝」に関する記事

「東芝」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東芝」の記事

次に読みたい「東芝」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。