トルコのクーデター未遂事件は 世界を一変させる「ブラックスワン」になるのか!? [橘玲の日々刻々]

 この理論はきわめて魅力的なのでたちまち普及し、びっくりするようなことはすべて「ブラックスワン」と扱われるようになりました。

 しかし冷静に振り返れば、EU統合の夢が破れたのは2005年にフランスとオランダが国民投票で欧州憲法の批准を否決したときで、14年の欧州議会議員選挙でイギリス独立党が第一党になったことでイギリスのEU離脱は現実的な可能性になりました。

[参考記事]
●「EUの構造的欠陥は10年前に分かっていた!」「帝国化」の失敗により存続だけが目的に

 ヨーロッパにおけるテロの脅威は、15年1月のシャルリー・エブド襲撃事件と、同年11月のパリ同時多発テロ事件が「ブラックスワン」で、翌16年3月には「ヨーロッパの首都」ブリュッセルがテロの標的になり、「新たなテロは時間の問題」といわれてきました。ニースの事件の衝撃は、大型トラックというどこにでもあるものが大量殺人に使われたことでしょう。

 そう考えれば、「誰も予想していなかった」出来事はトルコのクーデター未遂事件ということになります。トルコでは軍部による政治介入が繰り返されてきましたが、1980年の軍事クーデターから30年以上たち、EU加盟を目指す民主国家として成熟してきました。多くの民衆が街頭に出て軍に抵抗したことからわかるように、もともと成功するはずのない企てだったのです。

 しかしこの事件は、「独裁」を批判されるエルドリアン大統領の権力基盤が予想外に脆弱なことを明らかにしました。IS掃討作戦の最前線に位置し、膨大な難民を堰き止めてもいるトルコで政変が起きれば、ヨーロッパは大混乱に陥るでしょう。これが世界の様相を一変させるブラックスワンにならないことを祈るばかりです。


当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。