これから株価が上がる「低PBR株」の条件とは? 外国人投資家が注目する「ROE(株主資本利益率)」と 「株主資本比率」で選んだ2つの銘柄を紹介!

これから株価が上がる「低PBR株」の条件とは? 外国人投資家が注目する「ROE(株主資本利益率)」と 「株主資本比率」で選んだ2つの銘柄を紹介!
PBRが低い万年割安株には収益性が低くROEが低水準の銘柄が多い。しかし、そのROEが改善傾向なら、株価が今後、底値から脱出できる可能性が高いので注目だ。

低PBRの株はどれも割安と思ってはいけない。PBR1倍割れの低PBRの株には収益性の低い株が多く、いつまで経っても安値で放置されることになるからだ。しかし、低PBR株も収益性が改善される時には株価が上昇し始める。そんな銘柄を発掘するためには「ROE(株主資本利益率)」の伸びと「株主資本比率」に注目すべきだ!

底値からの脱出の原動力は稼ぐ力にあり!
ROEが少しずつ改善している株を探せ

 PBR1倍割れに株価が放置され続けている“万年割安株”には、株主から集めた資金をいかに効率よく使って利益を稼ぎ出したかを見るROE(株主資本利益率)が低い銘柄が多い。つまり、収益性が低いために、評価されずに株価が底ばいを続けているのだ。

 しかし、そんな低PBR株の中にも、事業に追い風が吹いたり、構造改革などによって収益性が向上し、ROEが改善傾向にある銘柄がある。そうした低PBR株においては、今後いよいよ株価が底値から脱出できる可能性が高まっている。

 「すでにROEが高い銘柄を買っても、株価は資本効率の良さを織り込んでおり、株価が上昇しにくいケースも多く、水準が低くても改善率が高いほど株価が上昇する傾向があります。また、ROEも業種によって異なる平均を上回ることが評価されるポイントになります」(ニッセイ基礎研究所の井出真吾さん)

 特に、PERやPBRの水準よりもROEを重視する外国人投資家の比率が増えた今、ROEへの注目度が上がっている。つまり、ROEの改善率に着目すれば、低PBR株の中から株価が上がる銘柄を見つけることができるのだ。逆に、ROEが低いままの銘柄は、株価が底値から脱出できず安値で放置される可能性が高いので注意しよう。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。