1万円以下で日経平均株価やNYダウが買える ETF(上場投資信託)はNISA口座でも使える商品! 日本株、海外株などからおすすめの8銘柄も紹介!

ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)とは、株と同じように売買できる投資信託のことで、株式市場が開いている時間帯なら、株と同様に成行(なりゆき)や指値(さしね)での売買ができる。また、投資信託と同様に投資先は複数銘柄に分散されており、個別株より断然少額で買うことができる点も特徴だ。ここではそのメリットとタイプ別(日本株、外国株、コモディティ)のおすすめETFを8本紹介しよう。

複数銘柄の平均値である指数へ
少額から投資できるのが最大の魅力

 指数への投資の第一歩としてオススメなのがETF(上場投資信託)だ。ETFは個別株と同様にリアルタイムでの売買が可能で、しかもETFの最低投資額は個別株に比べて圧倒的に少額。たとえばトヨタ自動車(7203)の株を買うには、株価が5894円で単元株数は100株なので約59万円(7月末現在)が必要となる。もちろん、もっと少額で買える株もあるが、その多くは10万円以上が必要だ。

 一方のETFは、日経平均に連動する「日経225連動型ETF(1321)」の場合、株価は1万6850円、単元株数は1株なので約1万7000円で買える(7月末現在)。

ETF(上場投資信託)を買う5つのメリットとは?  ①税金ゼロのNISAでも買える!
税金ゼロのNISA(少額投資非課税制度)口座では株や投資信託のほかETFも買える。NISA口座では、金やプラチナ、原油などを買うことはできないが、これらの指数に連動するETFは買えるので、非課税投資が可能となる。 ②高配当株などの指数も揃っている

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。