KDDI・ソフトバンクら、北海道と秋田県を結ぶ光海底ケーブルの共同建設協定を締結

KDDI・ソフトバンクら、北海道と秋田県を結ぶ光海底ケーブルの共同建設協定を締結
拡大する(全1枚)

KDDI株式会社は、2021年10月、NTTコミュニケーションズ株式会社 (以下、NTT Com)、楽天モバイル株式会社、ソフトバンク株式会社と、北海道と秋田県を結ぶ大容量光海底ケーブルを建設することに合意し、共同建設協定を締結したと発表した。本海底ケーブルは、総延長約770キロメートルで、2023年末の完成を予定している。最先端の光波長多重伝送方式を採用することで、160Tbps (テラビット毎秒) 以上の設計容量を実現する。KDDIは、3ルートある本州から北海道間の海底ケーブルのひとつを大容量化することで、多様化する産業と地域社会の活性化と大規模災害に備えたネットワーク強靭化を図るとのことだ。

本海底ケーブルの敷設イメージ
KDDI・ソフトバンクら、北海道と秋田県を結ぶ光海底ケーブル...の画像はこちら >>

via プレスリリース

■背景

・KDDIは、日本が目指すSociety5.0の実現に向け、次世代の社会構想である「KDDI Accelerate 5.0」を構想し、ネットワークの強化に取り組んでいる。
・海底ケーブルは、大陸や島々をつなぐために海底に敷設された通信ケーブルで、インターネットやモバイル通信だけでなく、国際間のスポーツやニュースの映像中継など、世界中で高速・大容量通信のサービスを実現している。
5Gをはじめとする高速・大容量通信に加え、IoT、AI、DXなどによる産業の多様化や地域社会の活性化 (地域創生) を実現する持続可能な社会を支える基幹インフラとして、光ケーブルの存在感が高まる一方、近年増加する大規模災害に備え、北海道から本州間に安定的な通信サービスを提供するためのネットワークを強靭化する必要がある。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ソフトバンク」に関する記事

「ソフトバンク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトバンク」の記事

次に読みたい「ソフトバンク」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク