ガイアックスら、日本初となるブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を開発・社会実験を開始 自動運転&スマートシティ実現の要となる基盤技術を確立へ

ガイアックスら、日本初となるブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を開発・社会実験を開始 自動運転&スマートシティ実現の要となる基盤技術を確立へ
拡大する(全2枚)

株式会社ガイアックスは、新熊亮一教授らと、ブロックチェーンを活用したLiDARネットワーク基盤のシステムソフトウェアを開発し、2021年4月1日より京大図書館等での社会実験を開始したと発表した。

本基盤は複数の場所に設置されたイメージセンサのデータを統合することで「死角ゼロ」を実現し、自動運転車や宅配ロボット、警備ドローンなどのさらなる性能向上や、イメージデータの新たな利用用途の創造を目的としている。本社会実験では、実地のデータを取得・共有し、AIの学習を進め、2023年3月までの産業化を目指し、基盤技術の改善を行う。
ガイアックスら、日本初となるブロックチェーン活用のLiDAR...の画像はこちら >>

via プレスリリース

■開発背景

今回開発をおこなっている基盤技術は国立研究開発法人科学技術振興機構(以下、JST)の戦略的創造研究推進事業「さきがけ」による研究成果として生み出された。そして、社会実験は国立研究開発法人 情報通信研究機構(以下、NICT)の委託研究「データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)」の一環として実施される。画像や3Dイメージデータは大容量であり、ネットワークに負荷をかけてしまうという課題に対し、従来は人の目の見え方に基づいた圧縮がおこなわれてきたが、AIの目に基づいてデータを軽量化するという斬新で独創的な技術への取り組みが評価され、スマートシティなどで広く使われる技術となることが期待されているという。自動運転において、車両に搭載されたカメラだけで衝突予測をおこなうには困難が伴う。カメラでは交差点の先や物陰といった死角や、遠く離れた場所を認識できないためだ。この課題を解決するため、道路に設置されたカメラから、情報を補う方法が考えられる。イメージデータを共有することによって、解決できる課題は他にいくつもある。本開発では、このような活用を視野に入れて、自動運転やスマートシティなど未来の社会における重要な要素となる技術の開発を行うとのことだ。

この記事の画像

「ガイアックスら、日本初となるブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を開発・社会実験を開始 自動運転&スマートシティ実現の要となる基盤技術を確立へ」の画像1 「ガイアックスら、日本初となるブロックチェーン活用のLiDARネットワーク基盤を開発・社会実験を開始 自動運転&スマートシティ実現の要となる基盤技術を確立へ」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートシティ」に関する記事

「スマートシティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートシティ」の記事

次に読みたい「スマートシティ」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク