2021年2月23日、「富士山の日」に着工予定。トヨタ流のスマートシティ「Woven City」新構想が本格スタート
拡大する(全1枚)

トヨタ自動車による実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」プロジェクトがまもなく静岡県裾野市でスタートする。スマートシティ・コネクテッドシティを見据え、社会課題を解決するさまざまな実証環境を整えたまちづくりだ。Woven Cityはどのような都市となるのか。現在明らかになっている情報をまとめ、トヨタが見据える青写真に近づいてみよう。

Woven Cityプロジェクトとは?

Woven Cityプロジェクトは2020年1月、米国で開催された世界最大級の家電技術見本市「CES 2020」で発表された。2020年12月に閉鎖するトヨタ自動車東日本の東富士工場跡地(静岡県裾野市)を活用し、最先端技術やサービスの社会実証を行う実証都市「コネクティッド・シティ」プロジェクトを立ち上げたのだ。

実証都市はWoven Cityと命名され、多くの企業や研究者、実際に生活を送る住民の参加のもと、自動運転やMaaS(Mobility as a Service)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、AI(人工知能)技術などを導入・検証できるリアルな都市環境を構築する内容だ。

東富士工場の敷地は26.8万平米だが、将来的には2,000人程度の住民が暮らす約70.8万平米の範囲でまちづくりを進めていくことを想定している。

当初計画では2021年初頭に着工する予定で、トヨタの豊田章男社長は「もっといい暮らしとMobility for Allを一緒に追求していきたい方全ての参画を歓迎する」と述べている。