バーチャルオフィスでClubhouseやあつ森のような雑談は生まれるのか?「距離」を取り入れたoViceが創る新しいコミュニケーション

バーチャルオフィスでClubhouseやあつ森のような雑談は生まれるのか?「距離」を取り入れたoViceが創る新しいコミュニケーション
拡大する(全3枚)

拡大するリモートワークの需要に応えたWeb会議ツールは数多くありますが、バーチャルオフィスの「oVice」は他サービスが切り捨てた「距離」に注目することで、オフィス間でのコミュニケーションを活性化することに成功しています。VRオフィスのような特別なデバイスも不要で、低速度のネット回線でも問題なく動くことも大きな強み。オフィスとしての需要だけでなく、展示会やセミナーの開催、ハロウィンイベントから婚活パーティまで、人が集まるイベントの会場としても幅広いケースで利用されています。oVice開発者にして、oVice株式会社の代表取締役CEOのジョン・セーヒョン氏に、これからのリモートワークについて伺いました。

ざっくりまとめ

・oViceは2Dの画面上でアバターが表示されるバーチャルオフィスサービス。オフィス内に適度な「距離」を取り入れることで雑談できる雰囲気が生まれ、コミュニケーションを促進させる。
・いつも誰かと向き合っている没入感の高いコミュニケーションでは疲れも。oViceが重視したのは、適度な距離感。
・トップダウンで導入し、監視ツールのようになってしまうと失敗するケースも。
・oViceはオフィス以外にも各種イベントの場としても利用可能。今後はサードパーティにAPIを公開し、さまざまなサービスと連携していく。

Clubhouseや「あつ森」の世界観をオフィスに

―バーチャルオフィスとしてのoViceは、既存のZoomなどのWeb会議ツールとはどういった点が異なるのでしょうか?

この記事の画像

「バーチャルオフィスでClubhouseやあつ森のような雑談は生まれるのか?「距離」を取り入れたoViceが創る新しいコミュニケーション」の画像1 「バーチャルオフィスでClubhouseやあつ森のような雑談は生まれるのか?「距離」を取り入れたoViceが創る新しいコミュニケーション」の画像2 「バーチャルオフィスでClubhouseやあつ森のような雑談は生まれるのか?「距離」を取り入れたoViceが創る新しいコミュニケーション」の画像3

あわせて読みたい

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「VR」に関する記事

「VR」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「VR」の記事

次に読みたい「VR」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。