東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択

東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択
拡大する(全6枚)

株式会社Nextremerは、静岡県が実施する東伊豆・中伊豆地域公共交通・観光情報の提供における実証事業において、Nextremer、東急株式会社、株式会社Huber.(以下、Huber)の3社で共同開発した「リモートコンシェルジュサービス」が採択されたと発表した。実証実験の実施期間は2021年10月7日から2022年2月28日。

本事業は、「新しい生活様式」下における交通・観光情報の提供のあり方を検証及び共有するため、DXに資する新たな技術の導入により、伊豆地域を訪れる観光客のニーズに適合した情報提供を行うことで利用者の利便性を高めるとともに、利用者の行動傾向データを収集し、利用者ニーズや行動の傾向などの分析を行うものだ。

■サービス詳細

本サービスは、Huberが提供する観光客の潜在的な旅行ニーズを端末上でヒアリングし、回答結果をもとに観光客のニーズに合わせたプラン提案をする「たび診断」と、Nextremerが提供する「AI案内サイネージ」を組み合わせたサービスだ。AI案内サイネージには、1.観光案内および施設案内業務に最適化されたAIチャットボットによる自動音声対話機能、2.各サイネージディスプレイから自由にスタッフと通話ができるテレビ電話機能が搭載されている。よくある質問にはAIチャットボットが回答し、利用者のニーズや嗜好性に合わせた相談や観光提案に関しては観光案内所のスタッフが「たび診断」の結果をもとに、遠隔接客を行うことで効率的に案内することができる。本事業に先立ち、本サービスは2021年3月25日より東横線・田園都市線渋谷駅および渋谷駅観光案内所「WANDER COMPASS SHIBUYA」にて導入され、月間1000名を超える人が利用しているとのことだ。

この記事の画像

「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像1 「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像2 「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像3 「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像4
「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像5 「東急ら開発の「リモートコンシェルジュサービス」、静岡県の観光案内実証事業に採択」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク