コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは

コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは
拡大する(全4枚)
新型コロナウイルス感染症の流行を食い止めるため、各国の政府も国民もさまざまな対策を講じてきました。その判断のもとになったのは、感染者数の動向や感染経路といったデータです。とくに日本においてはプライバシーの問題で進まなかったデータ活用ですが、今改めてその有効性が見直されつつあります。

2020年7月14日、ボストンに本社を構えるDataRobotは、様々な分野のイノベーターやオピニオンリーダーによるAIの実践的なノウハウや先進事例が体験できるプライベートカンファレンス『DataRobot AI Experience Virtual Conference』を開催しました。そこで「With コロナはデータ×AIでどう変わるのか?」をテーマにパネルディスカッションを実施。

パネラーは、株式会社SIGNATE代表取締役社長の齊藤 秀と株式会社Agoopにて取締役兼CTOを務める加藤 有祐氏で、司会進行はDataRobotでチーフデータサイエンティストを務めるシバタ アキラ氏。コロナは社会にどのような影響を与え、データ×AI領域はこれからどうなるのか。3人で語り合いました。

ざっくりまとめ

-コロナをきっかけにデータが表に出ることが多くなり、データを活用して意思決定する人が増えた。
-創薬などの領域をはじめ、AIやデータ活用は世界規模で加速しており、人類は新しい技術をリアルタイムで試しながら構築している。
-データの有効性が見直され、データ活用のハードルが下がってきている。
-今後、データ×AIは災害対策をはじめ、さまざまな場面での意思決定をサポートする役割として重要になる可能性がある。

この記事の画像

「コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは」の画像1 「コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは」の画像2 「コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは」の画像3 「コロナ禍で見直されたデータの有効性。データ活用の専門家が分析・予測する、これからの時代のデータ×AIのあり方とは」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク